生理の量が多い:女医が診察する女性器の悩み

« 生理が終わったのに出血する | 女医が診察する女性器の悩みトップページ | 2週間以上、生理が続く »

女性器の健康と病気、エッチ、性生活の解説 女医が診察する女性器の悩み は、女性器に関わる様々な悩み、性行為による性病や女性特有の病気について、その原因、メカニズム及び対応方法を中心に解説し、女性の健康を応援します。早期発見・治療に お役立て頂ければ幸いです。

生理の量が多い

血液の量が多いとか、レバー状だと言ったこと自体には問題はありませんが、出血の原因が子宮筋腫の可能性もありますので、もし検査の経験がない場合はこれを期に受診をお勧めします。生理の量を調整する薬の処方も可能です。また出血が多いと、鉄欠乏性貧血になる場合が多いので、貧血の治療も必要です。貧血は、めまいや気分が悪くなるだけでなく、血が薄くなることで止血機能が低下してますます生理の出血量が増加する悪循環になります。生理の量が多い場合の取りあえずの処置としては、タオルでくるんだ氷でアイシングすると良いでしょう。また、生理中は激しい運動を避ける、立ち仕事はこまめに休む、飲酒や長風呂は控えるべきです。






キーワードでサイト内を検索

女性器の悩み サイトマップ

おりものについて (13件)
おりものが大量に出る
おりものがチーズ状で、かゆい
おりものが白い、ポロポロしている
性行為の翌日におりものが多い
性行為時に痛み、おりものが茶色
おりものの検査
おりものに血が混じる
おりものに色がついて、女性器陰部がかゆい
棒でオナニーしたら、おりものが増えた
生理と生理の間のおりものがゼリー状
おりものが水状
おりものが出たら、膣内を洗う?
おりものシート
女性器の名称と仕組み (15件)
恥丘(ちきゅう)
大陰唇(だいいんしん)
小陰唇(しょういんしん)
陰核(いんかく)クリトリス
膣前庭部(ちつぜんていぶ)
外尿道口(がいにょうどうこう)
膣口(ちつこう)
大前庭腺(だいぜんていせん)パルトリン腺・小前庭腺(しょうぜんていせん)
処女膜(しょじょまく)
会陰(えいん)
卵巣(らんそう)
卵管(らんかん)
子宮(しきゅう)
子宮頸管(しきゅうけいかん)
膣(ちつ)
女性器局部について (13件)
クリトリスが腫れてかゆい、白いカスがつく
女性器局部の痛み
膣の奥の出っ張り
女性器陰部の皮膚がポロポロ剥がれる
女性局部が腫れる
膣のまわりに脂肪の塊ができた
膣の入り口に吸水管が出っ張っている?
下着のラインにできもの
陰毛の生えている恥丘がふくれて痛い
赤いブツブツができてかゆい
虫さされのような斑点やイポができた
女性器局部が生臭い
大陰唇の裏側に小さいイポ
性病について (6件)
性行為後に膣の入り口が痛い
性行為を長いことしないと毛深くなる?
性行為できれいになるか?
のどにコケ状の白いものができた
のどのリンパ腺が腫れる
のどがイガイガする
生理について (9件)
生理の出血がない
6ヶ月以上生理がこない
生理が終わったのに出血する
生理の量が多い
2週間以上、生理が続く
生理の血の色
生理痛がひどい
生理中、やたらと眠い
生理中に風呂に入るのが怖い
尿について (5件)
おしっこの出が悪くなった
尿検査では分からない、ぼうこう炎
おしっこが漏れる
尿の臭いがひどい
ぼうこう炎の再発